トップページ > 活動報告

活動報告

2011年6月のバックナンバー

第一回シンポジウムが開催されました

2011年6月15日

「GS世代研究会」の「第一回シンポジウム」が6月10日金曜日、午後2時から東京「六本木ヒルズ」のハリウッドビューティプラザ5階大ホールで開かれました。
シンポジウムは「GS世代研究会」の一年でもっとも大きな行事です。
4月の幹事会でスタートした時は、幹事企業・団体は22だけでしたが、現在幹事企業・団体は26、そして何より一般企業と個人が100近く新たに加わりました。大ホールには250人あまりが集まり、初めて幹事企業・団体と一般会員が集う場とあって、大変な熱気に包まれました。
シンポジウムではクラブツーリズム株式会社の記念講演のあと「GS世代」を掘り下げるパネルディスカッションが行われました。
クラブツーリズム執行役員の霜田正明氏は、「飽和社会と言うが、仲間作りの提案や知的好奇心を刺激するイベント・ツアーを提案すれば、支持を得られる」と訴えました。また自らも「GS世代」である精進料理研究家の藤井まりさんは、「とくに娘と仲がよい60代女性が多く情報収集にも熱心、パソコンも使いこなすからネットショッピングにもこれからどんどん参加してくるはず」と話しました。また銀座マギーの中村弦一郎氏は「7歳若く、5キロ軽く、3センチ細くという七五三がGS世代の女性のキーワード」と話し、会場の聴衆は深くうなずいていました。
シンポジウムでは、さらにチェルノブイリ原発事故で被曝体験をもつ歌手ナターシャ・グジィさんのコンサートが行われましたが、素晴らしい歌声とウクライナの民族楽器バンドゥーラの響きに聴衆は魅了されました。
シンポジウム終了後、六本木ヒルズ内で懇親会も行われましたが、こちらにも180人近くが参加、さまざまなビジネスに向けての意見交換で話が弾みました。

 06.15日経MJ掲載記事をPDF形式でみる 日経MJ 110615.pdf

 

RIMG0059_320.jpg

110610.jpg

RIMG0106_320.jpg

 

1

ページ上部へ

最新記事

月別バックナンバー

GS世代研究会
会員ログイン

お問い合わせ

西村晃の大繁盛の法則

株式会社グッドセレクト

フェイスブック