トップページ > 活動報告

活動報告

第二回見学会が行われました

2012年4月19日

4月18日、東京三鷹市にあるセコムIS研究所の見学会を行いました。
幹事企業のセコムは機械警備の最先端をゆく企業ですが、近年は介護や福祉関係の機械の開発にも力をいれています。
見学会には幹事企業に加え一般会員の参加もありおよそ50人が参加しました。
まず小松崎常夫執行役員、IS研究所所長が研究所のあらましとセコムが取り組む社会システム産業の考え方について説明しました。
さらに安田稔理事から各分野の具体的取り組みが示されました。

120418-1_320.jpg セコムIS研究所

120418-2_320.jpg 挨拶する小松崎所長

 

そのあとココセコムオペレーションセンター、脊髄損傷などで手が使えない方でも自分で食事ができるようにサポートするロボットのデモンストレーション、屋外巡回監視ロボットの実験、そして顔認証システムの最先端研究などを見学しました。

120418-3_320.jpg ココセコムオペレーションセンター

120418-4_320.jpg マイスプーン

120418-5_320.jpg 屋外巡回監視ロボット

120418-6_320.jpg 顔認証システム

 

「困ったときのセコム」が合言葉という説明に、戦後最大のベンチャー企業ともいえる同社のこれまでの企業戦略並びに風土の一端を垣間見ることができました。

 

 

ページ上部へ

最新記事

2016年5月23日

北杜市見学会 報告

月別バックナンバー

GS世代研究会
会員ログイン

お問い合わせ

西村晃の大繁盛の法則

株式会社グッドセレクト

フェイスブック