トップページ > 活動報告

活動報告

2013年2月のバックナンバー

第4回勉強会が開かれました

2013年2月18日

2月15日(金)、「GS世代研究会」第4回勉強会が横浜ロイヤルパークホテルで開かれ、300人を超える会員が集まりました。

まず幹事を代表して地元神奈川県の大木哲市長が「全国的に見ても神奈川県の高齢者が増えるスピードは速い。それにどう対応するか、行政としても企業と連携を模索していく必要性を感じる」と挨拶しました。

130215_2.jpg 大木大和市長

 

続いて一般企業会員の「リサーチ・アンド・ディベロプメント」の橋本紀子、小林久美子両氏による
「シニア・マーケットへの戦略的アプローチ」と題した講演では、豊富な「GS世代」へのインタビュ―を通して捕えがたいこの年齢の消費者像が浮き彫りにされました。

130215_3.jpg 講演するR&Dのお二人

 

ここで気分転換に登場した一般会員「スタジオ・ド・オロ」の「今日風(きょうか)」さんがタンゴセラピーについて実演しました。

130215_4.jpg タンゴセラピスト今日風さん

 

二番目の講演は、経営コンサルタントで「GS世代研究会」フェローでもある小松崎雅晴氏。
小売業にとって「GS世代」に対してこれまでとは違うアプローチの必要性を強調しました。

130215_5.jpg 小松崎雅晴先生

 

さらに三番目の講演となった「天然素材の分科会」 の活動報告では、シルクを中心に「GS世代」向けに付加価値のある商品開発をしてゆく魅力と可能性が4組の発表者により多角的に論じられ、会場の関心を集めていました。

130215_8.jpg 『天然素材分科会」発表 進行は繊研新聞の中村氏

130215_9.jpg 京丹後市 高橋氏

130215_10.jpg ハリウッド 岩本氏

130215_11.jpg Amara Creek 中村氏

130215_12.jpg 信州大学繊維学部 阿部教授

130215_6.jpg 会場は満席

勉強会場となった横浜ロイヤルパークホテル「鳳翔の間」のロビーでは40のブースが設けられ、一般会員企業や自治体を中心に商品などのPRが行われ、休憩時間などを利用して見学の人でおおいに賑わいました。

130215_7.jpg ブース出展は40


夕方から始まった交流会では、挨拶と乾杯のご発声をハリウッドの牛山勝利社長が行いました。
牛山社長は、発足から2年、「GS世代研究会」の着実な進展について言及しました。

130215_14.jpg ハリウッド 牛山社長

130215_13.jpg 交流会も賑わう

食事の後、1分間に時間を区切って行う「1分プレゼン」におよそ40組が参加、1分で言いたいことを言うことのむずかしさを体感していましたが、日頃こうした経験は少ないだけに今後の営業活動に役に立つと思われます。

130215_15.jpg

 

一本締めは、幹事であり、「地域活性化の分科会」の正世話役にこのほど就任した東京東信用金庫の峯岸国安さんが行いました。

130215_16.jpg 東京東信用金庫 峯岸氏

 

「GS世代研究会」の次回の全大会は7月12日(金)「タワーホール船堀」で勉強会が予定されています。

 

 

1

ページ上部へ

最新記事

月別バックナンバー

GS世代研究会
会員ログイン

お問い合わせ

西村晃の大繁盛の法則

株式会社グッドセレクト

フェイスブック