トップページ > 活動報告

活動報告

2013年11月のバックナンバー

伊勢、松阪、名古屋、「西村晃と行くビジネスヒント発掘ツアー」

2013年11月27日

11月23日~25日の日程で伊勢、松阪、名古屋を巡る研修ツアーを行いました。
11月23日(土)、名古屋駅で集合、クラブツーリズムの増渕俊貴さんの添乗でツアーが始まりました。
名古屋を出て高速に乗るともう渋滞、新嘗祭のこの日伊勢神宮は異常とも思えるほどの人でごった返していました。
あらかじめバスの中で「おはらい町」について学んでいた一行は、あらためてその繁盛ぶりを目で確認しました。

131123_2.jpg

131123_1.jpg

131123_6.jpg

131123_7.jpg 赤福本店


伊勢神宮から松阪に着くと、山中光茂市長に出迎えていただき、財政赤字削減の様子を刻む「借金時計」の説明を聞き、市民の意向を受けて市役所庁舎を改築せず耐震補強を選んだら4億円で済んだ話もしていただきました。
一同は、「木綿手織りセンター」で市長と西村晃が着ていた松阪木綿のシャツなどたっぷり買い物をしました。

131123_3.jpg 松阪市長と記念撮影

 

24日は早朝から本居宣長記念館を訪ね、吉田悦之館長に宣長生家である「鈴屋(すずのや)」で、宣長の人となりについて説明を受けました。
そのあと御城番屋敷や、豪商長谷川邸、松阪商人館などを歩きながら説明していただきました。

131123_5.jpg 松阪城址にて

131123_4.jpg 

 

この日は年に一回の「松阪うし祭り」にあたります。
会場に到着すると待機していただいていた松阪市観光交流課の米田さん、越川さんから、うし祭りについて、またクィーン牛の選考基準などについて説明がありました。
うし祭り会場では、炭火焼肉を楽しむコーナーもあり、青空のもと豪快に焼肉を楽しみました。

131123_8.jpg

131123_9.jpg

 

松阪から移動し、夕方「なばなの里」へ。
ベゴニアの温室の見事さに感動、そして日が落ちると、いよいよ800万球のLEDライトアップの始まり。
光のトンネルを抜けると、世界遺産富士山が浮かび上がり音楽に合わせて色が変わってゆく様子にみな釘づけになりました。

131123_10.jpg

131123_12.jpg

131123_13.jpg

 

一泊二日の方と、名古屋駅でお別れし、宿泊者は駅の上のツインタワービルにある「マリオットアソシアホテル」へ。
特に今回こだわったのは「ホテルの中のホテル」と言われるコンシェルジュルーム限定宿泊でした。
マリオットもここに団体を泊めることはこれまでなく、クラブツーリズムにしても初めての利用でした。
一同、もう満喫というホテルライフを楽しみながら、今後の富裕層向けビジネスを考えるヒントをつかんだようです。

11月25日最終日は、日帰り組12人を加えて熱田神宮そばにある「テックササキ」へ。
ここは三菱重工の協力会社としてボーイング787やMRJ、カナダのボンバルディア社の航空機を生産しています。
巨大な飛行機を作ることは、地道な人海戦術によるリベット打ち作業の積み重ねであること、そして飛行機の生産計画に合わせて大量の人材を確保しておかなければならないのに、ひとたび生産が遅れるとおおきなコスト増が跳ね返ってくること、生産管理の難しさは並大抵のことではないことなどを学びました。

131125_1.jpg テックササキ見学会

131125_2.jpg JR東海リニア館


昼は名店熱田蓬莱軒で「ひつまぶし」を食べながら、ブランドを作り、磨き、守ることのむずかしさを感じました。
午後は「JR東海リニア館」でリニアの原理を学ぶなど3日間本当に無駄のない研修の集積でした。
今回の体験を是非生かしていただきたいと思います。


 

1

ページ上部へ

最新記事

月別バックナンバー

GS世代研究会
会員ログイン

お問い合わせ

西村晃の大繁盛の法則

株式会社グッドセレクト

フェイスブック