トップページ > 活動報告

活動報告

2014年11月のバックナンバー

第4回シンポジウムが11月14日、京王プラザホテで開催されました

2014年11月19日

シンポジウムのテーマは「GS世代の男性ファッションを提案する」。三越伊勢丹ホールディングス社長の大西洋氏の基調講演に続き、この日のために昨年から準備をしてきたダンディワーキングチーム6団体による、シーン別発表会が行われました。
400人を超す聴衆は、大西社長の講演に深くうなづき、自治体首長や各企業トップがモデルを務めるなどのミニファッションショーでは華麗な装いに舞台から目を離せない様子でした。
シンポジウムの詳細は下記のとおり。次回は2015年3月13日の予定。

Ⅰ、基調講演
三越伊勢丹ホールディングス社長 大西 洋氏

DSCN0759_160.jpg

大西 洋氏

「メンズファッション業界のさらなる発展に向けた取組み」
◆特に小売業は激変する時代を先取りし、新たな感動につながるチャレンジを行うことが不可欠。過去に捉われず、常に新しい発想をもち、自ら学び、自ら考え、新しさに挑戦できる企業でありたいと思う。
そのための取組みは
① 顧客心理を分析し、want対応型の売り場へ
② 価値共有の仕掛けづくり、人を中心に据えたプレゼン
③ 「JAPAN SENSES」(日本のモノづくりの技術、文化、伝統などを新たな価値としてお客さまにご提供する)の継続  など。
メンズ館第2ステップでは、「男である幸福/第2章」と称して、心の豊かさを追求したい。当然、ターゲットはGS世代になると思う。

DSCN0761_160.jpg
熱心に聴く会員たち

◆求められる人材
リーダーの力→変えていける人(変革力)
グローバルに物事をみられる人(情報力)
異文化を身につけた人(創造力)
未来をプロデュースし、コンテンツを創造することが大事。

 

【技術・匠・人・歴史・思想・哲学・素材・原材料・技術
習慣・スタイル・ファッション・アーツ・音楽・ブランド】      

これらをすべて加味して、有形・無形な様々な価値を独自に構築して新しいコンテンツを創造する
                                 
地方 ⇔ 都会  インプット ⇔ アウトプット
これらは相互に作用することでまったく違うものが生まれる。
世界にあるライフスタイル取り込み、発信していきたい。

 

Ⅱ、「GS世代男性にこんなファッションを提案する」発表会

①デートシーン   松阪市
松阪木綿の着物を着て松阪市紹介

DSCN0774_160.jpg

 

②スポーツ&レジャーシーン  三越伊勢丹
山登りなどのファッション。プレゼンターに大西社長も参加

DSCN0786_160.jpg


③アウトドアシーン  ワコール
スポーツ時に体をケアする下着を紹介。

DSCN0795_160.jpg

 

④旅シーン  京丹後市
丹後ちりめんの着物を着て中山市長が京丹後をPR、とても楽しそう!

DSCN0799_160.jpg

 

⑤音楽&ダンスシーン  ハリウッド
六本木の1日を音楽やダンスで表現。タンゴは牛山社長自ら踊った。

DSCN0813_160.jpg

DSCN0823_160.jpg

DSCN0832_160.jpg

 

⑥クルーズ・パーティシーン  カインドウェア
クルーズでの正装やダークスーツを紹介。秋葉社長がモデルとなって登場。
DSCN0840_160.jpg

DSCN0845_160.jpg

 

西村座長と話すのは、幌加内町長
DSCN0853_160.jpg

 

最後にこのダンディチームをとりまとめた繊研新聞社上須氏の閉会のあいさつ
DSCN0850_160.jpg

1

ページ上部へ

最新記事

月別バックナンバー

GS世代研究会
会員ログイン

お問い合わせ

西村晃の大繁盛の法則

株式会社グッドセレクト

フェイスブック